ntmemo のメモ

メモです。

Linux

Raspberry Pi における usbメモリのフォーマットとマウント

はじめに ラズパイ上での usbメモリのフォーマットとマウントについてまとめます。 作業は全てコマンドで行います。 実行環境 実行環境は ラズパイ Raspberry Pi 3 B+ OS Raspbian Stretch Lite Version November 2018 です。 usbメモリをフォーマット 今回…

Raspbian Stretch Lite の ssh サーバー設定

はじめに ssh サーバーの設定を行います。 今回の ssh サーバーはポート番号を 55555 を用います。 ssh サーバーを公開するには、ファイアウォールの設定より、ssh 用のポートを開放しておく必要があります。 ファイアウォールの設定は ntmemo.hatenablog.co…

Raspbian Stretch Lite のファイアウォール設定 (firewalld)

はじめに ファイアウォールの設定を行います。 セキュリティの観点から、使用しないポートは閉じておいた方が良いです。 ファイアウォールは firewalld を使って設定します。 今回、ラズパイが用いるサービスは ssh のみであるとします。 デフォルトでは ssh…

Raspbian Stretch Lite のパッケージ管理システム (apt)

はじめに Raspbian Stretch Lite でのパッケージ管理システムの設定を行います。 パッケージ管理システムは vim や ファイアウォールなどをインストールするために使います。 またそれらのアップデートなどの管理も行ってくれます。 Raspbian Stretch Lite …

Raspbian Stretch Lite のネットワーク設定 (wi-fi 接続)

はじめに Raspbian Stretch Lit のネットワーク設定を行います。 今回は wi-fi を使ってネットワークに接続します。 環境にもよりますが、ネットワークに接続する場合、ユーザに不正にログインされるのを防ぐために、強固なパスワードを設定することをおすす…

Raspbian Stretch Lite のホスト名とユーザ名の設定

はじめに ラズパイのホスト名とユーザ名の設定を行います。 ラズパイにはデフォルトで User pi Pass raspberry が存在します。 ユーザへのログインとラズパイの起動確認は ntmemo.hatenablog.com を参考にしてください。 ラズパイサーバー自体を外部に公開す…

dd コマンドで Raspbian Stretch Lite のイメージファイルを microSD に焼く

はじめに dd コマンドを使って Raspbian Stretch Lite のイメージファイルを microSD に焼きます。 コマンドは、ターミナルから実行できます。 dd コマンドの使い方は ntmemo.hatenablog.com を参考にしてください。 イメージファイルを入手 ラズパイ公式か…