ntmemo のメモ

メモです。

Raspbian Stretch Lite のネットワーク設定 (wi-fi 接続)

はじめに

Raspbian Stretch Lit のネットワーク設定を行います。 今回は wi-fi を使ってネットワークに接続します。 環境にもよりますが、ネットワークに接続する場合、ユーザに不正にログインされるのを防ぐために、強固なパスワードを設定することをおすすめします。

Raspbian Stretch Lite のホスト名とユーザ名の設定は ntmemo.hatenablog.com を参考にしてください。

wi-fi 接続

wi-fi 接続を行うための設定を行います。

$ raspi-config

より

2 Network Options
↓
N2 Wi-fi

から SSIDパスフレーズなどは自分の環境に合わせて設定を行ってください。 この方法のままでは、ラズパイ中に SSIDパスフレーズが暗号化無しで保存されてしまいます。 そこでパスフレーズを暗号化して書き換えましょう。

$ wpa_passphrase SSID パスフレーズ

とすると

network={
        ssid="SSID"
        #psk="パスフレーズ"
        psk=暗号化されたパスフレーズ
}

と出力されます。 次に

$ vi /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

として

psk="パスフレーズ"
↓
psk=暗号化されたパスフレーズ

とすれば、パスフレーズを暗号化できます。

wi-fi をステルスで運用している場合、中括弧内に

scan_ssid=1

を記述する必要があります。

この他に細かく設定を追加することも可能です。 WPA2-PSK を使っている場合、

network={                                                                                                                                         
        proto=RSN                                                                                                                                 
        key_mgmt=WPA-PSK                                                                                                                          
        pairwise=CCMP                                                                                                                             
        group=CCMP                                                                                                                                
        scan_ssid=1                                                                                                                               
        ssid="SSID"
        psk=暗号化されたパスフレーズ                             
}                 

となります。 この設定は ここ を参考にしました。

ここまで終わったら、ラズパイを再起動しましょう。 再起動のコマンドは

$ reboot

です。

再起動後、

$ ip addr

として

wlan0

に ip アドレスが割り振られていれば成功です。

おわりに

これで、Raspbian Stretch Lite のネットワーク設定が終わりました。

ラズパイサーバーでのパッケージ管理システムについては ntmemo.hatenablog.com を参考にしてください。