ntmemo のメモ

メモです。

Raspbian Stretch Lite のパッケージ管理システム (apt)

はじめに

Raspbian Stretch Lite でのパッケージ管理システムの設定を行います。 パッケージ管理システムは vimファイアウォールなどをインストールするために使います。 またそれらのアップデートなどの管理も行ってくれます。

Raspbian Stretch Lite のパッケージ管理システムは apt を使用しています。 この apt は Debian 系のディストリビューションで使われています。 Ubuntu で有名だと思います。

パッケージのインストールやアップデートを行うには、ネットワークに接続する必要があります。

ネットワーク接続設定は ntmemo.hatenablog.com にあります。

パッケージのアップデートとアップグレード

$ apt-get update

とすれば、インストールされているパッケージの更新がないかを調べることができます。

$ apt-get upgrade

を実行すると実際にパッケージの更新が行われます。

これらのコマンドは、パッケージを最新の状態にするために、定期的に実行してください。

パッケージのインストールとアンインストール

実際にパッケージのインストールを行ってみましょう。 例えば vim をインストールする場合を考えます。

パッケージがインストール可能かを確認する場合

$ apt-cache search vim

とする。

パッケージがインストール可能なら

$ apt-get install vim

とすれば vim をインストールできます。

また vim を完全にアンインストールする場合は

$ apt-get purge vim

としてください。

vim の設定ファイルを残しながらアンインストールする場合

$ apt-get remove vim

とすれば ok です。

おわりに

今回は、パッケージ管理システム (apt) をパッケージの更新とインストール、アンインストールの仕方をまとめました。

ラズパイサーバーのファイアウォール設定は ntmemo.hatenablog.com を参考にしてください。